石屋おたんちんブログ|ハンドメイドで繋がる出会い日記

旅する石屋さんとしてハンドメイドで繋がる出会いを日記に書いています。経験したことを中心的に公開しています。

f:id:starbucksfanfan:20170614144934p:plain
ブログのご縁屋さんオープン
MENU


まるで絵画!モネの池がある岐阜関市の新観光地!!スマホで撮った写真が恐ろしく綺麗に撮れちゃう神秘の池

【神秘の池】【モネの池】って呼ばれている、

池が…岐阜関市の新観光地として注目!!

f:id:starbucksfanfan:20160130092847j:plain

 この写真はスマホで撮影

夏は川に入りに来る方がとても多い、自然が広がる

岐阜県関市の山あいに、

一部の間で大注目されているスポットがあります。

 

いまでは、駐車場が新しく設置されたり

トイレが設置されたりと大忙しの池が、

岐阜県の新観光地として注目を浴びている。

 

遠方からの観光客が後を絶たないこのスポットは、

根道神社の脇に広がる澄み切った池

まるで絵画のようだといわれている幻の池、

実は正式な名前もない、知る人ぞ知る

「名前のない池」なのです。

 

※こちらもスマホで撮影しています。

f:id:starbucksfanfan:20160130093205j:plain

透き通った池の水面にスイレンの葉が浮いており、

花が咲く美しい光景が、まるでフランスの

印象派画家モネの代表作「睡蓮」にも

似ていると評判の高い池です。

 

なぜこのような綺麗な池が出来たのか?

この池は湧き水でできたといいます。

湧き水には養分が含まれないため、

微生物が育たずに透明度が高いと

言われています。

 

実際僕も見ましたが日によって、

全然うつり方が違って、

時間や季節によって景色をかえる

不思議な池だと思いました。

f:id:starbucksfanfan:20160130094018j:plain

 

その日の光の加減で、無色透明に見えたり、

深い青に染まったりと何度いっても

飽きないような幻想的な変化を毎回楽しめます。

 

同じ顔は見せてくれない、名もなき池。

まるで生き物のような繊細さ、

何度も訪れたくなるような素敵な景色です。

 

みなさまもぜひ興味がある方は

岐阜県まで遊びに来てくださいね♪♪

 

■ 基本情報
・名称:根道神社(ねみちじんじゃ)
・住所:岐阜県関市板取下根道上448
・アクセス:白谷観音前バス停から徒歩4分
・公式サイト:http://www.gifu-jinjacho.jp/

 

 


プロフィール

f:id:starbucksfanfan:20170614145702j:plain

旅する石屋さん 中島 悟
1988年4月10日生まれ
旅をしながら石屋さんをおこなっています!
高校卒業後、車関係のサラリーマン生活
その傍ら、副業でやっていたアフィリエイトが
サラリーマンの給料を超える。

悩んだ末サラリーマンをやめ、WEB関係の学校に入学
最高記録20万PV、月収400万円を経験したのちに、
自分の本当にやりたかった事に気づく。


前の人に喜んでもらいたい”

そんな風に人と接する仕事がしたいと感じ、
稼いでいたブログなどをすべてやめ
対面を中心としたアクセサリーショップ
(石屋おたんちん)などに転身。

今は、人とのつながりを大事にし、
日本と海外を行き来する生活を実現している。


~今までのストーリー~
【身近な○○で月収400万にした話】
何もかもをゼロにして○○屋になった話。
カンボジアで活動するようになった話。